手作りイースターエッグ作り方動画 卵の染め方とデコレーション方法

食紅で色染めする方法、おしゃれにグリターで飾る方法、うさぎやひよこのかわいいイースターエッグの作り方など、楽しくつくれるイースターエッグのクラフト方法を集めました。

Sponsored Links

本物のたまごを使ってイースターエッグを作る場合、生たまごの処理方法は大きく2通りあります。

 

<生卵の下処理方法>

■ゆでたまごを使う方法

■たまごの中身を取り出して、殻だけを使う方法

 

たまごの中身の出し方:
子供でも出来る、中身を吹き出す方法は、生卵の上に針で穴をあけ、生卵の底に上より大きめの穴を開けて、中身をかき混ぜてから吹き出す方法です。

やり方動画はこちら

 

 

ゴムを使った手作りイースターエッグのカラーデザイン方法

 

お湯を入れたボウルの中に、大さじ1−2杯のお酢を入れて、食紅でカラーを作ります。

 

最初にゴムを巻いておけば白いライン、下地に色を付けてからゴムを巻いて、下地のカラーでデザインすることも出来ます。

 

色が付いたらお湯から取り出して、ペーパーナプキンで水気を拭き取り、乾かしてからゴムを外します。

 

いろいろな幅の太いゴム、いろいろなカラーを作って、オリジナルイースターエッグ作りが簡単に楽しめます。
 

 

 

ひよこのイースターエッグの作り方

 

たまごの殻をハケでペイント、厚紙などのクラフト素材で、簡単にひよこたまごが完成します。

 

とても簡単なので、キッズクラフトとしても子供と一緒に楽しめるプロジェクトです。
 

 

 

メッセージ入りイースターエッグの作り方

 

お湯、お酢、食紅でカラー液を作る作り方は、上で紹介した(ゴムを使ったイースターエッグ)やり方と一緒です。

 

ワックス入りの白いクレヨン(100円ショップなどに売っている低コストの)で、メッセージを書き入れてから、カラー液に入れて染めます。
 

 
 
 

ふわふわでかわいいイースターバニーエッグの作り方

 

たまごに毛糸を巻いて作る、見た目がふかふかでかわいいイースターエッグです。

 

たまごの数カ所に両面テープを巻き付けて、たまごを毛糸で隙間なく巻いてしまいます。

 

フェルトや厚紙などで目、足、耳を作ってのり付けして、釣り糸でヒゲをつけ、毛糸のぽんぽんをしっぽにつけて完成です。

 

両足で立つうさぎや、4つ足で立つうさぎなど、好みのバニー作りが楽しめます。
 

 
 
 

超かんたん!おしゃれなきらきらイースターエッグの作り方

 

グリターでイースターエッグをデザインするのに簡単な方法は2通りあります。

 

たまごにのりを付けて、グリターをくっつける方法と、透明の両面テープでデザインを施して、グリターをくっつける方法です。

 

のりを使う場合は、グリターを付けたい箇所だけにゆびやハケでのりを付けて、グリターを付けます。

 

両面テープの方法はもっと簡単、作り方動画はこちらです。
 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW