[画像]死なないクマムシとは?ココリコ田中「アメトーーク」で地球最強生物を語る

不死身のクマムシの画像と動画です。5月16日アメトーークで、ココリコ田中が「偉人サミット」に、偉人級のすごい生き物「クマムシ」について熱く語りました。人でもないのに偉人サミットで語られた最強の生物・クマムシとはどんな生物なのでしょうか?

 

Sponsored Links

アメトーークでクマムシを語るココリコ田中

ココリコ田中クマムシ

 

クマムシ

クマムシ

 

・体長:1mm以下
・陸上性の多くは、コケの隙間など水分を多く含む場所に生息している
・主に有機物に含まれる英期待を食す
・ゆっくり歩く緩歩動物とも呼ばれる

 

なぜ地球最強生物と言われているのか?

もし水分がなくなったらどうなるか?

普通の生き物なら、水分がなくなると死んでしまうのに、クマムシは乾燥していき、乾眠状態という特殊な状態に入る。

 

クマムシの乾眠状態とは?

丸まっていって樽状になる

・この状態になると、摂氏151度の高温環境でも死なない
・逆に−273度でも死なない
・75000気圧にも耐えられる
・人の致死量の1000倍の放射線量を浴びても死なない
・酸素のない真空状態、宇宙でも死なない

 

そして、乾眠状態のクマムシに水をかけてあげると、だいたい20分ほどで元に戻り活動を始める。

 

不死身と言われるクマムシは、142年間水無しで生きられるそうです!

すごい!ほんとに地球最強生物と言っても過言でないですね!

 

と思っていたら、ココリコ田中さん曰く、手で潰したら死んでしまうとのこと。

 

はいっ!?

こ、これは不死身とは呼べないのでは、、、、

 

という疑問点も残るものの、乾眠状態のクマムシがありえない環境で生きていられるのは事実。
これは本当にすごいことですね。

 

わずか1mmに満たない小さな小さな生物のすごい生体、この先地球が過酷な状態に陥る事になっても、クマムシは生き延びられる唯一の生物かもしれませんね。

虫や動物に興味のない私でも、田中さんの紹介したクマムシの生体には驚きで、興味深い内容でした。

 

クマムシの動き

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW