[画像]180面体のキキョウカットが綺麗!清水幸雄・山梨の宝石職人

未来シアターで紹介された、水晶のキキョウカットが美し過ぎる!

世界でたった1人、180面体の宝石を作れる宝石研磨職人の清水幸雄さん。

この180面体のカット方法が、キキョウカットと呼ばれる技法です。

Sponsored Links

 

こちらがキキョウカット

キキョウカット

 

キキョウカットは正5角形がベース。

12個の正5角形で囲んだものを1つの組み合わせとしたもの、
それを真ん中で合わせてカットしていく技法です。

キキョウの花に似ていることから、そう呼ばれるようになりました。

 

 

通常美しいとされるダイヤモンドは、ラウンドブリリアントカットと
呼ばれる58面体でカットされたもの。

 

180面体とは、あまりにも想像もつかない圧倒的な技術です!

 

180もの面が放つ輝きが、どんなに綺麗なものなのか、想像を絶します。
テレビででていた180面の水晶の美しいこと!

 

キキョウカット水晶

 

輝きが圧倒的です!

 

こんなに美しく整ったカット、機械の技術に一切頼らず、全て手作業で
行っているところは、驚きの一言です。

 

 

そもそも宝石研磨職人の技術はとても難しいもので、通常エメラルドが
カットされているエメラルドカットと呼ばれるカット方法ですら、
長い年月の経験を得なければできないほど難しい技術なのです。

エメナルドカット

 

何も知らない私から見れば、簡単そうにすら見えてしまうエメラルドカット、
この技術ですら習得するのに10年以上の経験がいる世界とは、、、、

 

 

コチラが清水幸雄さん

清水幸雄キキョウカット

 

日本でただ1人、そして世界でただ1人、180面体をカットできる
凄腕の宝石研磨職人です。

 

現在では、こういった難しい技術を持つ職人がいなくなってしまっていて、
清水さんの180面体を受け継ぐ人もいないのが現状。

 

こんな素晴らしい日本の技術に感動してしまいます。

 

若い世代に職人の技術を指導し続ける清水さん、世界最高技術を
終わらせることなく、このまま日本で受け継いでいきたいものですね。

 

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW