切り花と花束のおしゃれなラッピング方法 プレゼントに

お祝い時の花束、手土産のギフトとして、お誕生日のプレゼントとしてなど、切り花の花束をプレゼントにする機会は意外とあります。

素敵にラッピングされた綺麗なお花は、誰がもらっても嬉しいものです。

切り花をおしゃれにラッピングする方法をいろいろ集めました。

Sponsored Links

反対色のラッピングペーパーで包む

 

黄色のお花を反対色(対照色)の紫色の包装紙を使ってギフトラップした、お花の黄色を綺麗に引き立たせるラッピング方法です。

 

切り花ラッピング方法

 

ラッピング用のティッシュペーパーと紫のラッピングペーパーの、2種類の包装紙で包みます。

 

花束ラッピングの仕方
 
 

内側がティッシュペーパー、5cmズラして内側の紙を見せるように、外側にムラサキの包装紙を巻きます。

 

ラッピングペーパーの角を後ろ側にくるように置き、着物の襟元のように斜めに重ね合わさるように巻きます。

 

切り花かわいいラッピング方法

 

花束の花にかかる程度まできっちり巻くと、持ちやすいしお花も安定します。

 

花束おしゃれギフトラップ方法

 

リボンはお花の色と同じ黄色で。

 

包装紙は対照色を選ばなくても、リボンのカラーはお花の色と合わせると統一感がでて素敵です。

 

 

 

麻の袋で包む

 

麻の袋やガーデニング用の麻ネットで包むお花は、素朴な見た目が花束を引き立てるおしゃれなラッピング方法です。

 

切り花手作りラッピング

 

花束全体を麻の生地ですっぽり包み、凧糸で結びとめてから、お花の色と同じリボンを糸を隠すように上から結んで完成です。

 

同じく麻の生地のランチョンマットで、切り花を包んでも素敵です。

 

花束の手作りラッピング

 

 

 

豪華に包む

 

花束の綺麗さを全面的に見せ、ラッピングペーパー2枚使いでゴージャスに包んだ花束です。特別な日に使いたい豪華なギフトラップ方法です。

 

花束の豪華なラッピング方法

 

外側のラッピングペーパーを中の花束を邪魔しないシンプルな無地のブラウンペーパーで、内側に使うのはラッピング用のティッシュペーパーです。

 

角が花束の後ろ側にくるようにラッピングペーパーを設置、外側は適度にズラして内側の包装紙を見えるようにします。

 

花束を包まずに、茎の真ん中辺りでキュッと絞って紐で結びとめます。

 

お花の周りの部分のラッピングペーパーを外側にくるりと巻いて、中のお花を見えるように演出します。

 

 

 

シンプルに包む

手土産として軽く持って行く切り花を、シンプルでおしゃれに包むラッピング方法です。

 

切り花ギフトラップ方法

 

無地の包装紙で本当にシンプルに包んで、お花の色に合わせたリボンをさらりと結びとめて完成です。

 

色柄の包装紙で素朴に包みたい場合は、内側の無地の方を表にズラして半分に折って使うと、少々デザインを見せつつシンプルにお花を包めます。

 

お花のプレゼントラッピング

 

気取らない素朴さが素敵なおしゃれなラッピング方法です。

 

簡単切り花ラッピング方法

 

 

 

印刷用紙で包む

 

思い出の写真や綺麗な景色、好きなキャラクターなどを印刷用紙にプリントして、包装紙として包んだ、ユニークで楽しい切り花のラッピング方法です。

 

母の日花束ラッピング方法

 

印刷用紙はラッピングペーパーに比べて大きさが小さいので、2枚を使ってアイスクリームコーン型にテープでとめて、それを2枚重ね合わせて使うと高さがつきます。

 

 

 

同系色で包む

 

上で対照色で包むラッピング方法を紹介しましたが、同系色で包んだ花束も素敵です。

 

お花ギフト包装方法

 

花束のお花の色合いから同系色でも色味の異なる2色を、包装紙とリボンに選んで包みます。

 

同系色でラッピングする場合は、めだつ大きなリボンボウで結びとめると素敵です。

 

 

 

リボンで包む

 

直ぐにお花をあげて水にさせる環境であれば、リボンをくるくると巻くだけでも素敵なラッピングになります。持ちやすくブーケの用でかわいいラッピングアイデアです。

 

チューリップの切り花ラッピング

 

2種類のリボンで、茎の真ん中1/3程度の幅を巻くと、切り花がしっかり固定されます。

 

少々下のリボンを見せるように隙間を作りながら、もう1種類のリボンを巻きます。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW