映画パシフィック・リムのあらすじと予告と評判!芦田愛菜の役は?

⒏月9日公開の映画「パシフィック・リム」の口コミが上々!

ギレルモ・デル・トロ監督で、海底から巨大ロボットが突然現る!
吹き替え版の声優キャストが最高と絶賛!

2013年夏のハリウッド映画「パシフィック・リム」をまとめてみました。

Sponsored Link

パシフィック・リムのポスター

 

パシフィック・リムは、「ヘルボーイ」シリーズや「パンズーラビリンス」
などを手がけた、ギレルモ・デル・トロ監督による最新作です。

 

今回は、SF怪獣&ロボット映画!

 

突如海底から姿をみせる謎の巨大生命体。
その巨大なロボットの圧倒的な力を前に、人類もロボットを使い反撃にでる!
ロボットを操縦するパイロットたちの、壮絶な戦いの活写です。

 

 

<あらすじ>

2013年、突然謎の巨大生命体が、太平洋の海底の裂け目から出現!

 

正体も目的も全く謎なこの生命体によって、
人類は滅亡の危機へと追い込まれる。

 

生き残った人類は力を合わせ、各国の科学・軍事テクノロジーを集結し、
人類の英知ともいえる最終兵器に巨大ロボ「イェガー」を作った。

 

謎の生命体に抵抗する手段として作られた「人型巨大兵器イェーガー」を
操るのは二人のパイロット。

 

二人の心がシンクロすればロボットは強くなる…

 

人類の希望を背負ったパイロットたちは、壮絶な戦いを挑むことに。

 

果たして巨大生命体とは何なのか?

人類は生き残れるのか?

人類の存亡をかけた戦いが今始まる。

 

 

<主なキャスト>

ローリー・ベケット役:チャーリー・ハナム

スタッカー・ベントコスト役:イドリス・エルバ

マコ・モリ役:菊池凜子

マコ・モリの幼少期役:芦田愛菜

Drニュート・ゲイズラー役:チャーリー・デイ

 

 

〈芦田愛菜の役柄〉

今回、日本人パイロット・モリ・マコの幼少期役に大抜擢されたのが
日本の有名子役・芦田愛菜ちゃんです。

 

芦田愛菜ちゃんにとっては、これがハリウッドデビュー作。

 

そして愛菜ちゃんの役は、怪獣に追われて逃げ回るシーンばかり。

 

会見では、涙で顔が腫れちゃうほどがんばったとコメントしている
愛菜ちゃん。泣いているシーンも多いということですかね。

 

 

〈撮影の裏話〉

撮影で使われた怪獣たちはみなCGだそう。

 

なので撮影の際は実際には何もいない中、役者は迫真に迫った演技を
見せていることになります。

 

愛菜ちゃんが、何も見えない怪獣をどう表現したのかも
見どころですね。

 

 

〈評判〉

大迫力な怪獣vsロボット映画とあって、映画の評判は上々。
監督とキャストも話題の火付け役となっているようです。

 

ツイッターや口コミでも、超大作を期待し、早くみたいという声が
多くみられます。

 

吹き替え版の声優も評判はよく、大絶賛されています。
杉田智和(ローリー・ベケット)、林原めぐみ(マコ・モリ)をはじめ、
浪川大輔、三ツ矢雄二など、人気の実力派声優がそろっているのです。

 

ハイウッド最先端の機械を駆使した映像シーンと、大迫力の
アクションシーン、壮大な世界観が今作の大きな見せ場となりそうです。

 

パシフィック・リム予告動画はこちら

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW