スナップエンドウの美味しいゆで時間 シャキシャキ歯ごたえ

スナップえんどうのベストの茹で時間は何分?

シャキシャキの歯ごたえが美味しい食材ですので、茹で過ぎてしまっては美味しさも半減してしまいます。

旬のスナップエンドウ、とれたては生でも美味しく頂けるお野菜です。

Sponsored Link


スナップエンドウのゆで時間は、お湯にくぐらせる程度(数十秒)から4分程度という意見まで様々。

 

歯ごたえの好みによっても意見は変わってくるものですが、2分以上ゆでてしまうと、シャキシャキ感のピークは過ぎてしまいます。

 

歯ごたえを存分に味わうのなら?

スナップエンドウ食べ方

 

<スナップエンドウをシャキシャキに色よく茹でる方法>

 

☆ まずは筋を丁寧に取り除きましょう。

 

カーブがヘコんでいる側には固い筋があるので、食べた時に口に残ることも。綺麗に取り除くことで、美味しさもアップ!

 

1. まずはさっと水洗いして、水気を取ります。

 

2. 花落ちと呼ばれる下側から、がく(頭の部分)に向かってヘコんでいる側の筋を取ります。

 

私は、あらかじめ包丁で、花落ちの横から筋に平行して5mm程度切り込みを入れています。こうすると、途中で切れずにがくまで綺麗に筋が取れます。

 

 

3. 次はがくから出っ張ったカーブ側の筋を取り除きます。

 

先ほど同様、予め包丁でがくの横から筋に平行して5mm程度切り込みを入れておきます。これで、こちら側も途中で筋が切れてしまうのを防げます。

 

 

切り込みを入れて筋を取るので、どちらのサイドから下処理をしてもOKです。

Sponsored Link

 

 

 

☆ 下処理が終わったら、スナップエンドウをゆでていきましょう。

 

1. 鍋にたっぷりめの水と塩をひとつまみ入れて沸騰させます。

 

2. 沸騰したお湯にスナップエンドウを入れます。

 

3. 再びお湯が沸騰してきてから1分茹でてザルに上げます。

 

個人的な意見では、固ゆで好きの私には、お湯が沸騰した時点でザルに上げてしまってもシャキシャキ感MAXで美味しいと感じます。

 

逆に1分以上ゆでると、個人的にはシャキシャキ感が減ったと感じます。2分以上のゆで時間は、歯ごたえの良さは楽しみたい方にはおすすめではないと思います。

 

4. 粗熱を取って完成です。

 

夏太り防止で夏痩せする方法があった!

 

 

☆ 美味しいディップソースを作りましょう。

旬のスナップエンドウは、さっと塩茹でしたものをそのまま頂くでも十分美味しいです。

スナップエンドウのディップソース

 

1. シンプルにマヨネーズにディップして食べたり、ランチドレッシング、ごまドレッシング、和風ドレッシング、中華ドレッシングなどをかけるだけで、サラダにもおつまみにもなります。

 

2. マヨネーズとの組み合わせで美味しいのは、梅干しと合わせたウメマヨ、かつお節と合わせたかつおマヨ、その他にもわさびマヨ、マスタードマヨ、青のりマヨなど、お好みの組み合わせのディップソースが美味しいです。

 

夏バテに効果大!夏バテ解消ドリンクとは?

Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW