手作りフェルトカーネーションの作り方とテンプレート

母の日のギフトとして、ギフトラッピングに添えるボウとして、簡単に作れておしゃれなフェルトのカーネーションの作り方を紹介します。

母の日の手作りプレゼントとして、ブローチやヘアアクセサリーなどをクラフトとしても素敵ですし、ギフトのラッピングに添えるのもプレゼントが映えて素敵です。

Sponsored Link

カーネーションのお花の特徴は、幾重にも重なる豪華な花弁です。

フェフト素材でも、その特徴を生かしてデザインすることができます。

 

フェルトカーネーションその1

母の日に手作りフェルトカーネーション

 

<作り方>

フェルトカーネーション作り方

 

フェルト生地を好みの大きさに丸く1枚カットします。この丸が、お花の底の部分になります。

 

例えば直径10cmのカーネーションを作りたければ、直径8cmの円が1枚必要です。

 

周りに1cmほど花びら部分がはみ出しますので、作りたい大きさマイナス2cmの円の大きさにします。

 

使う花びらの数は、底の円の大きさによって異なりますが、円の大きさの半分、もしくは出来上がりのお花の大きさの半分が、見た目にきれいな大きさになります。

 

10cmのカーネーションを作るなら、直径4cm〜5cmの円を花弁の大きさにしましょう。

 

手作りカーネーション作り方

 

花びら用のフェルトの真ん中にホットグルーをのせて、後ろ側を指できゅっとつまんでくっつくまで待ちます。

 

接着剤でもくっつきますが、個人的にはホットグルーの方が素早く固定できるのでおすすめです。

 

 

フェルトのカーネーションクラフト方法

 

上の要領で花びらを作ったら、底の丸いフェルトの外側から、ホットグルーで花びらをのり付けしていきます。

 

母の日は普段言いにくい感謝の気持ちを伝えれる日なので、たいそうなギフトがなくても、手作りのカーネーションとありがとうのメッセージだけでも、お母さんにはうれしいものです。

日本語ではテレがある方には、英語でのメッセージもおすすめです。

 

フェルトカーネーションその2

手作り母の日カーネーション

 

<作り方>

カーネーションのテンプレー

 

花びらのテンプレートを、こちらで無料ダウンロードして型紙を作り、その形にフェルトをカットします。

 

フェルトカーネーションクラフト

 

花びらをくっつけるベースに、フェルトで丸い円が1つ必要になります。

 

手作りクラフトカーネーション

 

半分に折って、さらに半分に折った花びらの中心を2-3mm切り落とします。

 

クラフトカーネーション作り方

 

丸いベースに外側から隙間なく花びらを取り付けていきます。

接着剤には、ホットグルーが使いやすいです。

 

フェルトカーネーションは、ブローチにしたり、ヘアアクセサリーやバッグのアクセサリーにしたり、ラッピングをかざるフラワーボウとして使ったりできますので、母の日ギフトにぜひ活用してみてください。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW