ポリ袋調理法とは?レシピと調理方法

ポリ袋調理法とは、調理する食材と調味料を全てポリ袋に入れて、真空に近いイメージを作る為に空気を抜いて袋を閉じ、沸騰したお湯の中に袋を浮かべて調理する方法です。

この調理方法だと、栄養を閉じ込め、圧力鍋で煮込んだように、柔らかく調理できます。また、油を使用せずに調理できるので、お料理はヘルシーで低カロリーに仕上がり、ダイエットや健康にも利点が多い調理方法なのです。

Sponsored Link


気をつける点は、ポリ袋の種類です。加熱しても耐熱性のあるポリエチレンで作られている半透明のポリ袋を使用します。130度まで耐熱できる丈夫なポリ袋に限ります。

調理する際には、お湯を沸騰させた鍋底に、耐熱皿などを置き、ポリ袋が鍋底に当たらないように調理するのも、ポイントです。ポリ袋調理法の詳細とレシピの書かれた本が出版されています。

フランス料理のシェフ川平秀一さんが著作された、ポリ袋調理法のレシピ本「ポリ袋レシピ」では、和洋中の料理レシピが満載、驚きなのは、チャーハンや唐揚げなどのレシピも含まれているそうです。油を使わずに作れるヘルシーな中華レシピ、とても気になりますね。

楽天ブックス
【送料無料】ポリ袋レシピ [ 川平秀一 ]

 

ポリ袋料理のレシピ:チキン大根煮

ポリ袋で調理した煮物は、煮崩れもしにくく、まんべんなく味が浸透していて、柔らかくてとても美味しいですよ。

ポリ袋レシピ・チキン大根煮

材料 2人前

大根 半分
鶏肉 骨付きもも4本(唐揚げ用のもも肉でもOK)
めんつゆ 大さじ4
醤油 大さじ1
生姜 5スライス
みりん 大さじ2
調理酒 大さじ1
水 1/2カップ
あさつき 少々

 

手順

  1. 大根の皮をむいて1.5cmほどに薄めにスライス
  2. 全ての調味料と食材をポリ袋に詰める
  3. 軽くもんで、調味料を食材に行き渡らせる
  4. 空気を抜いて、固く袋の口を結ぶ
  5. 大きな鍋にたっぷりとお湯を入れて沸騰させる
  6. 耐熱皿を鍋底に置き、食材入りポリ袋をその上にのせる
  7. 中の食材の大きさにもよりますが、中火でことこと30分程、チキンと大根に火が通って柔らかくなるまで茹でる
  8. お皿に盛りつけ、あさつきを散らす

※ポリ袋を取り出す際と、袋を開ける際は、とても熱いので注意して下さい

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW