怒り新党・大相撲で旭國vs魁傑2度の水入り!霧島vs水戸泉4度取直し

10月16日マツコ&有吉の怒り新党新3大で、長丁場の大相撲が
特集されていました。

2度の水入りとなった旭國vs魁傑戦、1度に4度の取り直し試合と
なった霧島vs水戸泉戦、どちらの長丁場で手に汗握るぶつかり合いも
盛り上がる凄い戦いでした。

Sponsored Links

 

<昭和53年3月場所7日目 旭國 vs 魁傑>

旭國vs魁傑怒り新党

 

旭國(あさひくに)

旭國

相撲に執念を燃やす力士
入幕後に膵臓炎を患い、なんと11回もの入退院を繰り返しながらも、
土俵で死ねれば本望と命を削ってまでも粘り強い相撲をとり、
大関までのしあがった力士です。

 

 

魁傑(かいけつ)

魁傑

不屈の精神を持つ力士
長年をかけて大関に上り詰めるも、肘のコショウで2度も陥落、
それでも「休場は試合放棄」だとどんなに不調でも土俵に上がり
続け、再び大関に返り咲いた、決して諦めない力士。

 

立ち会い後、両者を寄せ付けない突っ張りあい。

 

両者責め続けるも決着がつかないまま4分以上が経過し、
ここで「水入り」、再開後も両者譲らすの試合展開で
3分24秒が経過、2度目の「水入り」となるのです。

 

旭國の鉄壁の守り、魁傑の反撃のスキを与えない攻めと投げ技
での攻防戦、2度の水入りをもっても勝負付かずの試合は、
異例の措置が取られ1番あけて10分後に取り直しとなりました。

 

10分後の取り組みでも2分が経過、ここで魁傑のすくい投げが
綺麗に決まり、勝負がつきました。

 

合計10分23秒もの大相撲の取り組みとなりました。

 

直ぐに決着がついてしまう印象の大相撲で、力士の執念の
取り組みが見れるのは貴重な気がします。

譲れない取り組みへの熱い思いがかっこいいです。

 

 

<昭和63年5月場所初日 霧島 vs 水戸泉>

霧島vs水戸泉

 

霧島

霧島
当時、幕内最軽量ながらも強い筋肉を持ち、体重差100kgの
小錦すらも、豪快に投げ飛ばす狂人の肉体を持った力士。

 

 

水戸泉

水戸泉
トレードマークは大量の塩巻きと顔を叩く気相入れ。
198cmの長身で168kgという恵まれた体型で、各界随一の
パワーを兼ね備えた力士。

 

土俵際での粘りで判定が難しく協議に。。。

協議の上取り直し

4回の取り直し大相撲

試合毎に協議となり、その都度「取直し」の取組みが行われ、
結果、4回もの取直し試合をすることに。

 

土俵際での粘り相撲、勝敗への熱い思いがいいです。

でも人の目で審判をしているスポーツは、勝ち負けは「運」
みたいなところもありますよね。

 

最初の1番では、スロー映像をみれば、確実に水戸泉が先に
足をついているし、最後の4度目もスローで見れば霧島が一瞬
だけ先に腕をついてしまっているものの、1番目の取り組みより
判定が分かりずらい試合に感じました。

 

スポーツの勝敗には「運」がある。
機械による正確な判定がない所も、スポーツの面白さなのですが。

こんなに熱い戦いを目の前でみたら、興奮するでしょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW