浦和レッズ山田暢久に悲惨な脱臼イエローカード!怒り新党新3大

8月21日マツコ&有吉の怒り新党・新3大で、
「浦和レッズ山田暢久選手の気の毒なイエローカード」
が特集されていました。

ケガをして痛がったことが、審判を欺く行為と疑われ
イエローカードとなった山田選手には、本当に気の毒だと感じました。

Sponsored Link

浦和レッズ山田暢久

 

現在37歳で未だ現役を続けている、浦和レッズに一筋
在籍20年目の大ベテラン選手。

 

同一チームに20年在籍するというのは、Jリーグでは最長記録。
1995年FDとして入籍、DF・MFと、どこでもこなせる選手。

 

Jリーグ史上最多のイエローカード枚数は89枚!

その最多イエローの中でも、気の毒なイエローカードを
新3大で特集されました。

 

 

<新3大・1つ目>

2007年4月25日 AFCチャンッピオンズリーグ
浦和レッズVS上海申花

 

浦和レッズがアジアでナンバーワンを目指すための重要な試合。
この時、山田選手はレッズのキャプテンをしていた。

 

わずか2分間で2枚のイエローカードで退場。
1つ目は本の少し相手に触っただけで、相手がゴロゴロ転がる演技で
イエローをもらい、2つ目はスローインに迷い時間をかけただけで、
遅延行為とみなされイエロー、大事な試合前半に退場となってしまいました。

 

<新3大・2つ目>

1995年10月4日 浦和レッズVS清水エスパルス

先輩が足を傷めてまで、自分ボールにしたスローインのチャンス、
スローインするのは山田選手、横に横たわり痛がる先輩選手を
気遣っていると、遅延行為とみなされイエローカードになってしまう。

山田イエローカード

 

そして、その後どこに投げ入れるか数秒悩んでいただけで、
2枚目のイエローカードをもらってしまうのです。

山田2枚目イエローカード

 

本人もわけの分らない状況に、「なんでなの?」と質問するほど。

 

たった15秒ほどのスローインの間に2枚のイエローカードで
退場というスローイン伝説を作ることになってしまった。

 

1つ目の新3大といい、ほんの少しの迷いと優柔不断さをみせるだけで、
サッカーでは反則行為をとられてしまうこともあるのですね。

 

2枚目の数秒でのイエローは本当に気の毒ですよね。

 

<新3大・3つ目>

2005年4月2日 浦和レッズVS大分トリニータ

20年間の現役生活の中で、最も気の毒なイエローカードをいえるプレイ。
山田選手はキャプテン、優勝を勝ち取った後の試合。

わざと転んだという、審判を欺く行為としてイエローカードが出された。
わざとでない山田選手、痛すぎて立ち上がることもできない。

山田暢久の新3大

 

この時、山田選手の肩は本当に外れてしまっていたのです。
そして、脱臼の中でも一番症状の思い全治3週間の重傷だったのです。

山田暢久の怒り新党

 

サッカーのことをあまり知らなくても、ルールのことをあまり知らなくても、
なぜか山田選手が愛される理由は、たった3つの新3大を見ただけでも
分ってしまう程、人気の理由がある選手だなと感じました。

 

かっこいい選手ですね!

イエローカードをとらないように気をつけたいけれど、未だに
イエローカードの基準がよく分らないと語るところも、長いプロ人生を経て?
とつっこみたくなるというか、人間性が可愛らしく感じるところです。

 

それにしてもサッカーの審判の判定には、疑問を感じるところが
かなりありますが、人間が判断しているという意味では
仕方がないことなのでしょうかね。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW