日本一お金持ち愛知県飛島村の凄さ!財政力の理由は?月曜から夜ふかし

8月19日「月曜から夜ふかし」で、愛知県の小さな村「飛島村」が
取り上げられ、町の財政力のすごさと町にある学校や施設の
充実ぶりが話題となりました。

愛知県の飛島村では子供が学校へ入学すると10万円、お年寄りが
90歳になると20万円、95歳で50万円、100歳では
100万円のお祝い金が村から支給されるのです。

Sponsored Link

 

愛知県飛島村財政力

平成23年総務省調べによると、日本一裕福な村は
「愛知県 飛島村(あいちけん とびしまむら)」

 

現在、日本の市町村のうち95%が赤字経営という世の中、
人々が訪れお金を使う有名な観光地でもない、聞いた事もない
小さな村がなぜこんなに潤い、財政力があるのでしょうか?

 

愛知県飛島村の地理

 

<飛島村とは、どんな所なのか?>

飛島村は、愛知県の東この位置にあります。
名古屋からは、車で40分の距離です。

 

飛島村の財政力指数は、他の日本の各市町村などと比べて
「2」以上、財政力指数2以上は、日本で飛島村だけ。
非常に高い財政力を表しています。

 

 

<この高い財政力はどこから?>

村の南部の臨海工業地帯から、年間30億円の税収がある。

飛島村の臨海工業地帯

航空機事業やロケット制作が行われ、電気を起こす
火力発電所も存在しているため、村での収入は、
全部で50億円以上もあるのです。

人口4600人しかいない、老人の多い村では
考えられない収入、その収入源はこれらだったのですね。

 

 

<飛島村の豊かさ>

60歳以上の村人が、平日に無料で利用できる
天然温泉「ふれあいの郷」です。

ふれあいの郷

村が8億円を出資して作られた天然温泉施設で、
疲労回復や健康増進など効能の高い温泉、
村民は無料で利用できるのです。

 

村の公民館は20億円の立派な建物、村民を楽しませる
ホールはこの大きさ。

 

最新のトレーニングジムが完備された「すこやかセンター」
9万冊所蔵している立派な図書館、ウォータースライダー付き
温水プールなど、とにかく総工費数十億の施設がごろごろ
しているのです。

 

 

<豊かな学校>

飛島村立飛島学園:焼酎一貫教育

飛島村学園

総工費はおよそ32億円、全ての教室はエアコン完備、
内装は全て綺麗な木目調で統一され、美しい校舎です。

 

そしてすごいのは、ポソコンの授業用に1人1台分の
パソコンが完備、最新の施設が揃っているのです。

 

さらに、中学2年生になると生徒全員アメリカ西海岸へ
研修旅行に行き、その費用は村が全額負担しているのです。

心地よい環境、ここでなら子供達も心豊かに学べそうですね。

 

 

飛島村の1人暮らしのお年寄りには、1日1本の乳酸菌飲料が
届けられるという手厚い支援もあるそう。

 

財政力のある村に住んでいると、村からの支援が手厚くて
心も豊かになれそうですね。

お金はやはり心の豊かさにつながるのでしょうかね。

 

飛島村には豊かな農地と臨海工業地の共存で、現在
空いている土地がなく、移り住む事は困難だそう。

 

老後を過ごすには最適な場所だな、なんて漠然と思ってみましたが、
現在のところ移り住む事は難しそうです。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW