アメトーーク・ハーフ芸人とは?リロイ太郎は母がマサイ族で東大!

ドラッパのリロイ太郎のプロフィールがすごい!
3カ国語が堪能でTOEFL日本2位の成績!

8月15日アメトーーク「ハーフ芸人」に出演したハーフ芸人が
とても特徴的で面白い芸人さんばかりでした。

中でもよしもとの若手「ドラッパ」のリロイ太郎は、
ハーフ芸人たちにも驚異と感じられるほどの逸材。

Sponsored Link

 

アメトーークのハーフ芸人

 

<ハーフ芸人>

ぶらっくさむらい
アントニー
植野行雄
リロイ太郎
エマミ・シュン・サラミ
西木ファビアン勇貫
ジャン
ベイン・ミカイル森之介
ルナ・エリック・ニコラス
和田昭也
大久保健

 

ハーフ芸人の面白いポイント:

日本国籍
日本語しか話せない

(リロイ太郎を除く)

 

 

植野行雄(デニス)31歳
ブラジルと日本のハーフで大阪育ち

デニス植野行雄

アメトーークでは最前列で終止しゃべり続けていました。
出演したハーフ芸人の中で一番年上。
アントニーと仲良しのようです。

 

 

アントニー(マテンロウ)23歳
アメリカと日本のハーフで父親はプロボクサー

アントニーマテンロウ

父親が3歳の時に亡くなっていて、母親が日本人の父親と
再婚しているため、弟と自分だけが外国人に見える不思議な家族。

 

 

 

ファビアン(あわよくば)
ドイツと日本のハーフで慶応大学卒業

ファビアンあわよくば

 

 

リロイ太郎(ドラッパ)19歳

こちらがハーフ芸人のすごい逸材リロイ太郎さん!

ドラッパのリロイ太郎
ケニアと日本のハーフで母親はケニアのマサイ族

マサイ族の中でも槍を持ったヴィレッジマサイではなく、
シティにクラスシティサムイの方だとか。

リロイ太郎、は3カ国語がしゃべれる!
父親が東大で勉強熱心に育てられたので、現在英語、日本語、
スペイン語の3カ国語を話せるそうです。

高学歴でマサイ族とのハーフ、ということで驚異の逸材だと。

中学高校は東大の付属、世界のTOERLテストで日本で2番目の成績
を納めている秀才なのです!

なぜ芸人になったの?と不思議に思うくらいですよね。

たしかに、このプロフィールなら売れてきそうですね。

 

 

サラミ(デスペラード)
イランと日本のハーフで9歳までイラン在住、革命が起きて日本へ

サラミぶらっくさむらい

 

 

ぶらっくさむらい
カメルーンと日本のハーフ唯一よしもとでなくソニー所属

ぶらっくさむらい

ギター弾き語りがとても上手でした。

 

 

大久保健(おもんぱか)
フィリピンと日本のハーフ、フィリピンパブに通った日本人の父親と
フィリピンパブで働いていたフィリピン人の母親との間に生まれた

大久保健

 

 

ニコラス(0.03秒)23歳
アルゼンチンと日本のハーフ、アルゼンチンの父親からペルー人へ?
2歳の弟も生まれたとか、、、
日本育ちなのにカタコトなのは、ゲームのやり過ぎで閉鎖的な
性格だからだとか。

ニコラス0.03秒

 

 

ペイン・ミカイル森之介(RED×BLUE)
イギリスと日本のハーフで日本でもイギリスでもハーフの中でも馴染めず?

ペインミカイル森之介

馴染めていない感はたしかにありますが、かなりのイケメンくんです。

 

 

ジャン(ギャルソン)
フランスと日本のハーフで本名は柏瀬崇弘(かしわせたかひろ)

ギャルソンのジャン

 

以上個性溢れる楽しいハーフ芸人さんでした。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW