[レシピ] レタスのみそ汁の作り方 秘密のケンミンSHOW長野県民

8月15日「秘密のケンミンSHOW」で、長野県佐久地方で食べられて
いる、おいしい「レタスのみそ汁」が紹介されました。

火が加わり、くたくたになったはずのレタスに、シャキシャキ食感は
健在、不思議と相性は良く、みそ汁の具として美味しい存在だそう。

それでは、美味しいレタスみそ汁の作り方です。

Sponsored Link

 

レタスみそ汁

 

<レタスみそ汁のレシピ>

材料:

玉レタス
豆腐
油揚げ
味噌
ダシ

 

作り方:

使うのは、歯ごたえシャキシャキの玉レタス

玉レタス

 

玉レタスを素手で割り、大きめにちぎる

レタスを手でちぎる

※ポイント

包丁で切らずに手でちぎる!
手でやることで、レタスの甘みが出る

 

ダシをとって、豆腐と油揚げの具を入れる

豆腐とあげのみそ汁

 

味噌をといて、みそ汁を完成させる

みそ汁の味付け

※ポイント

レタスで味がうすまるので、味噌は少々濃いめに
味付けしておく。

 

水々しいシャキシャキレタスをここで投入

レタスをみそ汁に投入
レタスは鍋一杯になるほど、大量に投入する

シャキシャキレタスのみそ汁

 

さっと火を通してできあがり

レタスのみそ汁の作り方

 

レタスだけの味を味わいたいときには、具はストイックに
レタスだけ、で作る場合もあるそうです。

 

長野県のこの地方では、定食屋さんや保育園の給食にまで
レタスが具のみそ汁が提供されているほど。
長野県佐久地方では定番のお味噌汁なのです。

あゆの塩焼き定食

 

長野県は47年連続でレタスの生産量が日本一、美味しくて新鮮な
レタスが常に食卓に並ぶ材料、生野菜、お味噌汁の他にも、
レタスはいろいろな食べ方をされていました。

 

<レタスしゃぶしゃぶも主流>

あくまでレタスが主役なので、煮立ったお湯にレタスをしゃぶしゃぶ。
ごまだれやぽんずにつけて頂きます。

 

さらに、レタスと豚肉といっしょにしゃぶしゃぶして、
あたたいレタスと豚肉を食べるのも乙なもの。

 

 

レタス、生サラダのイメージが強い食材ですが、我が家でも
キャベツを切らしたときには、お好み焼きのキャベツの変わりに
レタスで作ったりもして、おいしく頂いています。

 

みそ汁のレタスは試したことはありませんが、火を通したレタスも
おいしいことは確かなのでぜひ試してみたいです。

 

スタジオで「レタスみそ汁」の試食がされていましたが、
かなり高評価をされていました。

みそ汁の具

 

<スタジオでの試食評価>

歯ごたえが良い
スープが甘い
独特の甘みが美味しい
温かいご飯が欲しくなる
歯ごたえがあるのでおかずにもなる
シャキシャキしている
うまい

 

見た目はこんなにくたくたなのに、シャキシャキ食感が
残っているのは面白いですね。

 

野菜は歯ごたえが美味しいので、お味噌汁の具としても、
歯ごたえは楽しめるのは嬉しいですね。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW