サバ缶の痩せるレシピ!痩せるホルモンGLP-1とは?家庭の医学

やせるホルモンGLP-1を分泌させる、サバ缶ダイエットレシピを紹介!

7月30日たけしの「みんなの家庭の医学」で、 サバ缶に含まれる
「やせるホルモン GLP-1」で肥満解消ができる!

サバ缶を食べると痩せる!という内容が放送されました。
痩せるホルモンを分泌させる方法とは?

Sponsored Link

サバ缶の痩せるレシピ
痩せるホルモンGLP-1とは?

 

やせるホルモン「GLP-1」は、痩せようと努力しなくても、やせられる物質、
として番組で紹介されました。

 

このGLP-1というホルモンは、アメリカで肥満患者や糖尿病患者の治療に
効果を発揮している物質です。

 

そしてGLP-1は、人間の体内にも存在するホルモンなのです。

 

痩せるホルモンGLP-1の体内での役割は、急激な血糖値の上昇を防ぎ、
食べ過ぎを抑制し、膵臓の機能を元気にさせるのです。

 

痩せ型の人は、GLP-1を多く分泌させているのです!

 

番組では、太っている人でも、どんな体型の人でも「やせるホルモン」を
分泌させることができるとしていました。

 

 

【痩せるホルモンGLP-1を分泌させる方法】

 

・GLP-1をたくさん分泌させるには、体内の臓器の1つ「小腸」を
刺激する事が重要です。

 

そして、小腸を刺激する効果がある食材が、EPAとDHAの成分が含まれる
「青魚」なのです。

 

青魚の中でのサバに含まれるEPAとDHAの成分はトップクラス!

 

そこで、調理済みですぐに食べられる、便利な「さば缶」が
いい!と紹介されました。

 

 

・さば缶の他に、GLP-1をたくさん分泌させるものは、食物繊維だそう。

 

食物繊維の多く含まれるお野菜やきのこ類などは、やせるホルモンを
分泌させる、ということになります。

 

ということなので、サバ缶、食物繊維を両方とれるダイエットメニュー
2つを紹介したいと思います。

 

せっかく加工してあるサバ缶を使うのですから、簡単に作れるレシピです。

 

 

【サバ缶ダイエットレシピ】

食品100gに11g以上の食物繊維を含む「おから」を使った簡単レシピ

〜サバ缶おから和え〜

・おからを丼に入れてラップをかけ、電子レンジでチンして
おからに火を通す。

 

・茹でた豆類(エンドウ豆、インゲン豆など)をおからと加える
(匂いが気にならない方なら、納豆も美味しいです)

 

・サバ缶をあけ、サバを小さめにほぐして、おからと和える

 

・ダシ醤油で味付けする

 

 

もう1つの痩せるレシピはこちら

食物繊維が豊富でビタミンなどの栄養価も高いアボカドを使った簡単レシピ

〜サバ缶アボカドのカリフォルニア丼〜

・サバ缶をあけて水を切り、食べやすい大きさにほぐす

・アボカドをスライスする

・丼に炊いた白米を盛り、手で砕いたやきのりをのせる

・サバとアボカドを交互に綺麗にのせる

・マヨネーズを細くかける

・わさび醤油をかける

 

サバ缶アボカドのカリフォルニア丼、これかなり美味しいですよ!
考案した当時は週に2回ペースで食べていたほどです。

 

サバ缶で痩せる効果を得るために、少しずつでもサバ缶を使った
メニューを食卓に出すよう心がけようと思いました。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW