[画像]クレクレタコラの恐ろしく凶悪な内容とは?怒り新党新3大

7月17日マツコ&有吉の怒り新党・新3大は、「クレクレタコラ」の
やりすぎな展開が放送されました!

子供向け番組「クレクレタコラ」、現代なら100%放送禁止の
バイオレンスなちびっ子向け番組、その凶悪さとは?

 

Sponsored Link

 

クレクレタコラとは?

 

1973年の10月から1年間、毎週月〜土の
夜6時55分から5分間のみ放送される番組

 

全260話あった番組で、視聴率が2桁を越えるほどの
人気番組だった!

 

クレクレタコラは、タコの着ぐるみキャラクターで
楽しいお話も子供達に大人気。

 

 

しかし、ほぼ毎日の放送のため、すこし展開がやり過ぎに!

 

可愛いはずのキャラクターが、ちびっ子に衝撃を
与えるような展開に!

 

こちらが主人公のタコラ

クレクレタコラ

 

 

新3大1つ目:230話

クレクレタコラが人のカキ氷器を欲しがる
タコラと相棒チョンボは、はらくだしで毒盛り氷をつくる

 

陽気な音楽をバックに毒を盛るという、過激な演出!
かなりブラックな作戦で、カキ氷器を強奪

 

悪行がばれて警察につかまり、
残酷な氷の刑に処される

クレクレタコラお仕置き

 

さらにお仕置きは続き、カチコチに凍らされた2人は、
ダイナマイトで爆破させられるのです。

虫眼鏡

 

 

さらにさらにお仕置きは続き、虫眼鏡で焼かれるのです。

タコラ爆破

 

子供向け?とは思えない、凄まじい展開!

いくら何でもお仕置きがキツすぎますね。。。

 

 

 

新3大2つ目:212話

冒頭から刃物を振り回す危険な匂いのキャラが登場!

危険なキャラ

 

危険キャラからノコギリを強奪、
切る事にハマったタコラとチョンボは、何でも切りたい衝動に。

タコラとちょんぼ

 

森中で悪い事をしまくり、切りまくり。
森中の切るものがなくなり、自分の足にまで手をかける。

タコあし切断

 

自分の足を切り落とし、痛さを知るという結末

自分で自分の足を切り落とす、、、

キャラクターが子供向けなので映像に衝撃度は少ないものの、
お話の展開的には、精神的にも怖いくらいの内容ですよね。

 

 

 

新3大3つ目;245話

たった1個の果物を巡った壮絶なバイオレンスっぷりを発揮!

警察官の持っている大きなリンゴが欲しいタコラとチョンボ
警察官は、チョンボの頭にのせたリンゴをタコラが弓で
射抜けたらリンゴをあげると提案

 

弓をうつタコラ

うたれた弓は、まさかのチョンボの心臓に突き刺さる展開。

 

市民の見本である警察官が弓を放つと、チョンボの脳に
突き刺さる展開に。

 

痛いので逃げ出すチョンボを捕まえ、次々と矢を放つ。

チョンボ弓矢

 

体中に弓矢が刺さって、チョンボはボロボロ

 

森のマドンナ・モンロが現れ、縄を解けという。
すぐに縄はほどかれるが、命がけで欲しがったリンゴを、
警察官はモンロに渡して愛人としてしまう。

 

子供番組なのにモラルゼロ!

警察官の提案も、警察官の不倫話も、考えられないクレイジーさ!

森は、たった1つのリンゴを巡って友情も秩序も消え去るという
すさんだ結末。

 

クレクレタコラすごいお話ですね!
現代なら絶対に放送禁止内容炸裂!

 

何をやっとも言ってもすぐに炎上する、いまのITの発達した世の中では
考えられないような内容が、70年代には放送可能だったのですね。

 

これが、子供向けとして作られているのは考えられないお話構成。
今見ると凄すぎて、もお笑えてしまうほど。

 

この時代に放送されていた番組に、少し興味を持ってしまいました。

クレクレタコラ以外にも、すごい内容のお話はありそうですよね。
この時代の深夜放送などは、どれだけはっちゃけていたのか
とても興味が湧きました。

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW