夏バテに効く食べ物とドリンクレシピ!症状とは?防止と対策

夏バテ防止レシピも紹介!
夏バテ予防を万全に!

気温の上昇とともに徐々に疲れがたまり、体力が落ちると
考える力さえ失われてきます。

そもそも夏バテって、どういう状態のことを指すんでしょうか?
辞書を見ると「夏の暑さで疲れ、動作や思考力が鈍くなること」とあります。
 

Sponsored Links

別名で夏負けともいうようです。
 
 
主な症状:
 
疲労感・無気力・いらいら・熱っぽい・めまい・
食欲減退・下痢や便秘などがあります。
 
いくつか当てはまった要注意。
すでに夏バテになってるかも…
 
食欲の減退や水分のとりすぎ、現代ではエアコンのある環境もNGです。
特にエアコンに関してはほとんどのお店でかけているので、
自分で予防することは難しいかもしれません。
 
 
夏バテって具体的に何に気をつければいいんでしょうか?
 
 
 
対策:

エアコンや冷たいものの取りすぎ、つまり自律神経や内臓機能の低下に
関わってくるのです。
 
暑いからといって冷たいものばかり摂取したり、
汗ではりついたTシャツをそのままにしないようにしましょう。
 
夏バテになりやすいのは、暑さよりも湿気。
 
汗をかいてシャツにはりついたら不快に感じますよね?
それが自律神経に異常をきたすのも原因となるのです。
 
 
気をつけていても、夏バテしてしまったらどうすればよいのでしょう?
 
 
体がだるいときは、できれば長時間台所に立って調理などは避けたい。
ミキサー1つでできる美味しい夏バテドリンクが効果的です!
 
材料は疲労回復に効果のある、ビタミンB1・アリシン・クエン酸を
積極的に取り込むドリンクがいいです。
 
しかも、食欲がないときでもドリンクなら大丈夫そうですね。
 
 

夏バテに効果のある食べ物:
 
ビタミンB群:キウイ、バナナ、豚肉、海苔
 
アリシン:ねぎ、にら、にんにく
※熱に弱いので長時間の調理には注意
 
クエン酸・お酢:レモン、グレープフルーツ、フルーツ酢、梅干し
 
 
 
夏バテに効果のあるドリンクレシピ:
 
〈はちみつキウイレモン〉
 
はちみつキウイレモンドリンク
 
水500cc
はちみつ 大さじ3
レモン果汁 大さじ2
キウイ 1個
 
お水だとはちみつが溶けにくいので、熱湯少々ではちみつを
溶かしておいてから、レモンと水を加えると溶けやすいです。
これにミキサーで潰したキウイを加えて混ぜる。
 
氷を入れたグラスに注いで頂きます。

 

 

〈サワーサイダー〉

アップルサイダー
 
リンゴ酢(などのフルーツビネガー) 大さじ1
ペリエ(などの炭酸水) 80cc
 
これにお好みでガムシロップやはちみつで甘みをつける
 
氷を入れたグラスに注いで頂きます。
 
 

ミキサーは使はなくても、サワードリンクやスポーツ飲料+クエン酸系の
果汁をプラスして、簡単に美味しい夏バテ解消ドリンクができそうですね。
 
 
最後に、具体的な夏バテの予防策としては、どんなことをするべきでしょう?
 
 
 
予防:
 
・冷たいものをとりすぎない
・冷房も程ほどに(クーラーの効き過ぎた部屋では、ひざ掛けなどを活用)
・暑い日もお風呂は湯船につかる
・シーブリーズや通気性のいいTシャツなどを使って、
汗でシャツが張り付かないような対策をする
 
 
いろいろな予防と対策を心がけて、今年の暑い夏を乗り切りましょうね。

Sponsored Links
Sponsored Links

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW