[画像] 東京サマーランドを楽しむ攻略法を紹介!

東京サマーランドのプールとアトラクション攻略術です!

サマーランドは、屋外で開放的なアドベンチャーラグーン、
雨天も遊べるインドアアトラクションの詰まった
アドベンチャードーム、遊べる遊園地のスリルマウンテン、
さらにファミリーパークエリアも存在する巨大なプール遊園地です。

Sponsored Link

東京サマーランド
夏になると目に付く東京サマーランドのCM、暑い夏を涼しく楽しく
過ごせる最高の遊び場です。

 

大人から子供まで、家族連れから友達同士、カップル同士、
誰と行っても楽しめるエクサイティングなプールやアトラクションが
たくさん点在していて充実したウォーターデーを過ごせます。

 

 

【アクティブ派におすすめ】

 

友達同士や若いカップルなど、スリルを味わいアクティブに一日を過ごしたい方に
おすすめのプールとアトラクションはこちらです。

 

 

〈タワーズロック〉

タワーズロック

 

最上部に設置された恐竜の頭部の化石、そこから滑り降りる
2種類のウォータースライダーです。

 

○バックドロッパー

まずは、急勾配を滑走。
その後勢いを保ったままで急斜面を急上昇し、
後ろ向きでまっさかさま……

スリル満点のアトラクションです!

 

○コブラツイスター

2人乗り用ボートに乗り込むと、大きなすり鉢の中を回転しながら滑降。
まるで渦巻きに巻き込まれるような体験ができます。

渦を巻いた川下り、水着着用のサマーランドならではの乗り物です。

 

 

〈スーパーモンキーフロート〉

運動神経に自信のある方に特におすすめの、やみつきアトラクションです!

全長40mのプールには“島”が浮かべられています。

 

安定感のないその島を飛びながら、水没しないで渡りきるのは難しく、
落ちるとくやしさが残るので、何度でも挑戦したくなってしまいます。

 

 

〈アドベンチャーフォール〉

アドベンチャーホール

 

映画の主人公にでもなったかのような錯覚を起こせる、
壮大なスケールのアトラクションです。

 

岩登り、トンネルくぐりに滝すべり。
落差8mもの滝に打たれる修行も体験できますよ。

 

 

〈スクリーマー〉

タンデムフロートに2人で乗り込みます。

一瞬ふわっと浮いたかと思うと、そのまま10mもの高さから急降下!

スリル満点の絶叫アトラクションです!
カップルの距離が縮まる怖さだそう。

 

 

 

【まったり派におすすめ】

恋人同士、小さな子供連れ、まったりゆっくり過ごしたい方におすすめの
アトラクションはこちらです。

 

〈グレートジャーニー〉

流れるプール

 

こちらは、総水路延長約650mものとにかく長い長い流れるプールです。

 

浮き輪に乗って、流れるままにどんどん流され進んでいきます。
波が流してくれるので、わざわざアクセク漕ぐ必要もありません。

 

ゆっくりまったり移り変わる景色を眺めながら、
楽しいお話でもしながら、心地よいながれるプールに浮かびながら
のんびりとした時間を楽しめるアトラクションです。

 

 

〈噴水アーチウェイ〉

噴水アーチウェイ

 

おまじないもできる素敵な場所として知られています。

 

“もしも水が掛からずに、歩いて渡りきれたら幸せになれる”
といわれるロマンチック道です。

 

噴水の美しいアーチが幾重にも重なり、幻想的な雰囲気を演出します。

 

ライトアップがあるため、夜もおすすめです。
ロマンチックな夏の夜が過ごせる事、間違い無しです。

 

とにかく楽しめるプールアトラクションが満載の遊園地。

夏に一度は行きたい場所です。

 

 

【アクセス】

電車とバス:

「八王子」駅より路線バス3番のりばから約35分
JR五日市線秋川駅からバスで約10分

マイカー:

新滝山街道、国道411号からサマーランド前

 

【チケット】

入園・プール・スライドが利用できる入園券
入園券とのりもの乗り放題がついたフリーパス券

夏期(7/1~9/30)の入園券は、大人2,000円、小学生1,000円
いずれもフリーパスは+1,000円

幼児・シニアは1,000円で、フリーパスが1,800円

 

サマーランドホームページはこちら

Sponsored Link
Sponsored Link

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますとすごく嬉しいです!
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




話題なうdeトレンドNOW